ARCホースショー2017春~スラローム→障害A~

馬術競技 TOP → クラブ内競技会 → ARCホースショー2017春~スラローム→障害A~

ARCホースショー2017春~スラローム→障害A~

スラローム競技

第七競技のスラローム競技では、総合優勝を争う木村選手と前川選手が上位争い。

僅差のタイムで制したのは、木村選手&ジェリー号、見事優勝を飾りました。

0.54秒差の二着に、前川選手&ジェリー号が、その0.57秒さの三位に高木選手&

リュウジ号のコンビが入賞を果たしています。

スラローム動画 スラローム1 スラローム2 スラローム3

※入賞者と画像は一致しない場合があります。

  • 優勝:木村 暁琉 選手 ジェリー    号 乗馬スポーツ少年団 20.17秒 
  • 2位:前川 慧  選手 ジェリー    号 乗馬スポーツ少年団 20.71秒 
  • 3位:高木 大誠 選手 リュウジ    号 乗馬スポーツ少年団 21.28秒 

人間障害

第八競技の人間障害、普段から走り込んでいると言う、騎手を目指している、

望月選手が初出場・初優勝を飾っています。

二位には、ハンデ差を活かし、総合優勝に大手を掛けた木村選手が入賞を果たしています。

三位には、実は空手が強い、ポニー競馬のライダー、永澤選手が入賞しています。

人間障害 人間障害1 人間障害2 人間障害3

※入賞者と画像は一致しない場合があります。

    • 優勝:望月 洵輝 選手 乗馬スポーツ少年団 25.10秒H2 
    • 2位:木村 暁琉 選手 乗馬スポーツ少年団 26.55秒H2 
    • 3位:永澤 広成 選手 乗馬スポーツ少年団 25.23秒 

    障害馬術競技B

    第九競技は障害飛越B、今回も規定タイム(40秒)とし、正確さを競います。

    静かな闘志を燃やしていた(?)澤村選手&楼鈴号のコンビが優勝を飾っています。

    二位には、障害では初入賞(違ってたらごめんなさい)の、志知選手&ウインレガート号

    のコンビが、三位にはお馴染みの森山選手&楼鈴号が入賞を果たしました。

    障害B動画障害B-1 障害B-2 障害B-3

    ※入賞者と画像は一致しない場合があります。

    • 優勝:澤村 悠司 選手 楼 鈴      号 ARC空港乗馬倶楽部 39.82秒
    • 2位:志知 史子 選手 ウインレガート  号 ARC空港乗馬倶楽部 41.68秒
    • 3位:森山 正彦 選手 楼 鈴      号 ARC空港乗馬倶楽部 38.06秒
    •    

    • 規定タイム40秒

    障害馬術競技A

    第十競技は障害飛越A、コチラも規定タイム(40秒)で争われました。

    障害Aでは、ノーミスでコースを回る事が唯一出来た、森山選手&楼鈴号のコンビが

    障害競技初優勝を飾っています!

    二位には、山岸選手&ブルーボネット号のコンビが、三位に木下選手&カリブロ号の

    両コンビが力をみせて入賞を果たしています。

    障害A動画障害A-1 障害A-2 障害A-3

    ※入賞者と画像は一致しない場合があります。

     

    • 優勝:森山 正彦 選手 楼 鈴      号 ARC空港乗馬倶楽部 35.7秒
    • 2位:山岸 恵理子選手 ブルーボネット  号 ARC空港乗馬倶楽部 36.96秒‐4
    • 3位:木下 万葉 選手 カリブロ     号 乗馬スポーツ少年団 33.10秒‐4
    • 規定タイム40.00秒
TEAM ARCの馬術競技を盛り上げてくれる方はクリックお願い致します→にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ

タグ

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«