古典馬術

馬術競技 TOP →  → 古典馬術

古典馬術

古典2

古典馬術の起源は、ルネッサンス期にヨーロッパバロック乗馬ホールで行われていた馬場騎乗によります。

ルネッサンス期の古典に学ぶという機運が、乗馬技術の花学生と芸術性を論じたギリシャの将軍、クセノフォンの偉業の再発見をもたらしました。ルネッサンス期の馬術家達は彼を手本にする一方、その頃一般的だった調教技術や管理法を改善し発展させました。

中世の騎士たちは、ペンよりも剣に慣れ親しんでいました。彼らは馬の調教法に関する記録をほとんど残していませんが、馬の調教にたけており、ときとして馬術の専門家にもできない事をやってのけました。

古典1

先頭で勝ち抜くためには、一方の手で剣や槍、棍棒を持ち、もう一方の手で馬を操る必要がありました。
このため従順で乗りやすい馬が必要とされました。

中世の群馬が、目の前に居る敵の歩兵の戦闘意欲を喪失させる様な動きを取るよう訓練されていた事は疑いのない事です。

そうした動きがオーストリア、ウィーンのスペイン乗馬学校やフランスソミュールのカドル・ノアールで今日でも伝えられています。

2011年07月24日