ウエスタン馬術

馬術競技 TOP →  → ウエスタン馬術

ウエスタン馬術

ウエスタン馬術1

ウエスタン乗馬 (Western Riding)は、牛を追うカウボーイの乗馬から生まれた馬の乗り方で、アメリカだけでなく世界中に広く普及しています。

日本で一般的なブリティッシュ乗馬(海外では主にイングリッシュと呼ばれる)に比べ、非常に異なる印象を受けますが、馬の特性を利用しているので本質的な部分は同じです。

ただし、生まれた目的(ブリティッシュは主に軍隊の乗馬から発達した)とアプローチの仕方が違うので、鞍などの馬具や乗馬用品、外観も大きく異なり、騎乗スタイルや馬の調教方法、馬に求めるものに違いがあります。

ウエスタン馬術2

西部劇から受ける荒々しい乗馬の印象とは大きく異なり、現在のウエスタン乗馬は、ウエスタンならではのダイナミックでありながら、馬の考え、気持ちを把握し、一歩一歩の馬の動きを細かくコントロールしようという緻密な乗り方となっています。

また、ウエスタンというとすぐに、荒馬を乗りこなすロデオ種目(サドル・ブロンコ・ライディングなど)を連想しがちですが、ウエスタン乗馬はロデオとは全く別の競技種目です。

もちろん、ロデオをサポートする Pick-Up Man や、Tie-Down Roping、Team Roping 、Steer Wrestling などのロデオ競技は、非常に優秀なウエスタン乗馬の技術を見せます。

ウエスタン乗馬で主に使われる馬は、クォーターホース (Quarter Horse)と呼ばれる品種です。

筋肉たくましく、ダッシュ力があり、敏捷で、また、非常に従順です。4分の1マイル距離の競争を行っていたことからこう呼ばれています。

ウエスタン馬術3

17世紀初頭にスペイン由来の馬からアメリカで作り出された最初の純アメリカ原産の品種である(アメリカ最初の原産種はモルガン種であるという説もあります。

ウエスタン馬術競技やクォーターホースによる競馬を開くなど、クォーターホース普及のための活動を行っているAQHA (American Quarter Horse Association) という非常に大きな協会があります。

2010年03月13日